All About Japan 詳細レポート
All About Japan に関西レインボーパレードの詳細レポートが報告されています!

http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/closeup/CU20061024A/

実は、スタッフは意外と自分たちの仕事にかかりきりで、中々全体がどうなっているのかわからないので、このような丁寧な記事は本当にうれしいです。

ありがとうございます!
カテゴリ:メディア | 21:39 | - | trackbacks(0)
大阪日日新聞朝刊
本日の大阪日日新聞朝刊に掲載されました!

1023

nitinti

性的多様性への理解を求めてパレードする参加者


『多様な性「祝う」社会に』
 関西レインボー、御堂筋をパレード 900人同性愛など理解訴え


 同性愛など性的少数者への理解を呼び掛ける「関西レインボーパレード2006」(同実行委員会主催)が二十二日、大阪・御堂筋で開かれた。同様のパレードは海外や東京、札幌などで実施されているが、大阪での開催は初めて。当事者や支援者ら約九百人が参加し、「わたしたちはこの社会で共に生きている」などと訴えながら、約四キロの道のりを練り歩いた。

 当事者が自分の存在をアピールし、性の多様性を“隠す”社会から“祝う”社会にしていこうと企画された。名称やロゴに使っている「レインボー」は、六色の虹をレズビアンやゲイなど性的少数者の象徴として掲げ、共生を訴えている。
 関西圏をはじめ、北海道や東京など全国から集結した参加者は、大阪市北区の中之島公園から出発。ドレスや着ぐるみなどさまざまな衣装に身を包み、軽快なブラスバンド演奏の中を行進した。
 同性を好きなことに悩んでいたという奈良県の男性(二一)は「自分一人だけじゃないことが分かって自信が持てた」と喜びを話していた。
 同性愛者であることに苦しみ、自殺を考えたこともあったというパレード企画者の一人、中村雅樹さん(二一)は「何も言わなければ同性愛者はいないことになっている」と現状を指摘し、「パレードを通し、自分に自信を持てる人が一人でも増えてほしい」と語った。

---------------

ウェブにも掲載されています!

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200610/news1023.html#10233
カテゴリ:メディア | 14:52 | - | trackbacks(1)
All About Japan
早速、画像速報をアップして下さいました!ありがとうございます!

画像速報!関西レインボーパレード

http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/closeup/CU20061022A/
カテゴリ:メディア | 10:08 | - | trackbacks(0)
テレビニュース
毎日放送、関西テレビでニュースになりました!

毎日放送 動画付きです!
http://www.mbs.jp/news/kansai_NS179200610221644370.shtml

■“性的マイノリティー”がパレード

同性愛や性同一性障害など性的マイノリティーの人たちが、大阪の御堂筋をパレードし、多様性を認め合う社会の実現を呼びかけました。

大阪の中之島に集まったのはレズビアンやゲイ、性同一性障害など、性的マイノリティーと呼ばれる人たちと、その支援者、およそ900人です。

性的マイノリティーは、10人から20人に1人存在すると推定されていますが、社会には今も多くの偏見があり、なかなか声をあげられないのが実情です。

今回のパレードは、性的マイノリティーが自らの存在をアピールすることで、差別や偏見をなくし、多様性を認め合う社会の実現を目指そうというもので、関西では初めての開催です。

「一般の人にも、私たち(性的マイノリティー)が身近にいるということを伝えたいと思って、(パレードを)企画しました」(参加者)

参加者たちは、性に関係なく、誰もがひとりの人間として尊重される社会の実現を訴えていました。 (10/22 17:45)



関西テレビ 写真つき
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0241719

性的マイノリティに理解をー関西レインボーパレード2006

同性愛や性同一性障害など性的マイノリティに理解を求めるレインボーパレードが大阪の御堂筋で開かれました。大阪の御堂筋には性的少数者や支援者など約900人が集まり、多様な性の象徴である虹色の風船を手に行進しました。このパレードは同性愛や性同一性障害などの性的マイノリティを認め合う社会にしようと各地で行われているもので、大阪での開催は今回がはじめてです。パレードには去年、同性愛者であることを公表した大阪府義も参加し、「みんなで見える存在になって歩くことで、実は地域で共に暮らしてるんだということが伝わればいいと思う」と話していました。思い思いの衣装に身を包んだ参加者たちは、多様な性への理解を呼びかけていました。( 2006/10/22 18:16 更新)



カテゴリ:メディア | 01:53 | - | trackbacks(1)
読売新聞告知記事
21日朝刊より

性的少数者へ理解を〜あす関西初のパレード

 同性愛、性同一性障害など性的少数者への理解を求めるイベント「関西レインボーパレード」が、22日午後1時から、大阪市内で行われる。同様のイベントは東京都や札幌市で開かれているが、関西では初めて。当日は、支援者を含む約600人が参加予定。「性」の多様性を表現する色とりどりの風船を手にし、北区の中之島公園を出発し、浪速区の元町中公園までの御堂筋(約3.8キロ)を練り歩く。 
 実行委員会事務局長で、同性愛者であることを自ら明らかにしている尾辻かな子府議は「私たち性的少数者が社会に見える存在となり、共に生きていくことができる機運が高まれば」と話している。イベントの詳細は実行委のホームページ(http://www.kansaiparade.org/)で。
カテゴリ:メディア | 14:41 | - | trackbacks(0)
掲載されました!大阪日日新聞
10月19日朝刊より

共生社会の実現へ
22日、御堂筋 性的少数者がパレード

同性愛、性同一性障害など性的少数者らによる「関西レインボーパレード」(同実行委員会主催)が二十二日、大阪・御堂筋で開かれる。海外や東京、札幌などで同様の趣旨のパレードは実施されているが、大阪では初の開催となる。

 性的少数者のシンボルとなる六色の虹を掲げ、多様性を尊重する共生社会の実現を目指す。午後一時から中之島公園で開会式を行い、太田房江知事のメッセージも読み上げられる予定。パレードは午後二時に始まり、難波まで行進する。

実行委の事務局長を務める大阪府議の尾辻かな子さんは「(性的少数者は)みんな孤独と自己否定を抱えている。パレードをすることによって、自分の存在が一人でないことを知るきっかけになる」と話している。
 パレードに関するホームページのアドレスは次の通り。
http://www.kansaiparade.org/
カテゴリ:メディア | 17:08 | - | trackbacks(1)
「ダブルに男性同士」宿泊拒否ダメ 大阪市、ホテル指導
■朝日新聞より

「ダブルに男性同士」宿泊拒否ダメ 大阪市、ホテル指導
http://www.asahi.com/national/update/1018/OSK200610180030.html

2006年10月18日15時23分
 ダブルの部屋に男性2人で宿泊するのを拒否したのは旅館業法(宿泊させる義務)違反にあたるとして、大阪市保健所が同市内のホテルに対し、営業改善を指導していたことが18日、わかった。宿泊を拒まれたのは22日に同市の御堂筋で開かれる同性愛など性的少数者らによる「関西レインボーパレード2006」に参加予定だった東京都内の教員の男性(26)で、「イベント開催地での宿泊拒否は納得いかない」と話している。

 男性らの話によると、16日にインターネットの宿泊予約サイトを通じ、ホテルのダブルの部屋に、21日から1泊の予定で予約を入れた。しかし同日夜、ホテル側は「男性同士でダブルは利用できない」と電話で宿泊を拒否。17日、ホテルに再度連絡したが、同様に断られたため、保健所に通知したという。

 旅館業法などでは、宿泊業者が客を拒否できるのは、感染症の患者や賭博などの行為をする恐れがある場合などに限られている。ホテル側は「お客様が間違って予約されたものと判断し、ツイン部屋の利用を勧めただけだ。男性同士だから拒否したわけではない」と話している。

■NHK関西ニュースより

男性同士の宿泊拒否に改善命令
ホテルのダブルの部屋に男性同士が2人で宿泊するのを断ったのは、旅館業法に違反するとして、大阪市内のホテルが保健所から改善を指導されました。

行政指導を受けたのは、大阪・北区にあるビジネスホテルです。今月22日に大阪市内で開かれる同性愛の人などのパレードに参加するため、東京都内の26歳の男性がパートナーの男性と2人で宿泊しようとインターネットでダブルの部屋を予約したところ、ホテル側から電話があり、「男性同士のダブルの予約は受け付けていない」と宿泊を断られました。

その後もう1度電話でダブルの部屋の予約を交渉しましたが、同じように断られたということです。男性から指摘を受けた大阪市保健所は、宿泊を断ることができる例外的なケースにあたらず、旅館業法に違反するとして、このホテルに対し、業務の改善を指導しました。

宿泊を拒否された男性は「男女のカップルなら拒否されないのに、男性同士はダメというのは同性愛者への差別や偏見を感じ、非常に不快だった」と話しています。

ホテルの支配人は「体の大きい男性同士でダブルベッドを利用すると狭いと考えてツインへの変更を勧めていましたが、担当者の不手際でご迷惑をおかけしたことを反省しています。今後は男性同士のダブルの予約も受け付けます」と話しています。

宿泊予約を断られた男性が参加を予定している「関西レインボーパレード2006」の実行委員会の事務局長で、大阪府議会議員の尾辻かな子さんは、「同性愛者に対するホテルの宿泊拒否はこれまでにもあり、氷山の一角が表に出たという気持ちだ。大阪市がすぐに是正を指導したことは評価できるので、ホテル関係者は今後、こういうことのないように気を付けてもらいたい」と話しています。

--------------------

この週末の宿泊等で、上記のような事象がありましたら、実行委員会にご相談下さい。できる限り対処致します。
カテゴリ:メディア | 01:25 | - | trackbacks(0)
All Aboutに掲載されました
All About[同性愛]に
パレードの記事が掲載されました。

いくつかの質問に
共同代表のカドと岡が回答しています。

よろしければどうぞご覧くださ〜い☆

All About[同性愛]
http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/

ありがとうございます!

カテゴリ:メディア | 14:38 | - | trackbacks(1)
ゲイとレズビアンのラジオ『かふぇ・らじ』
10月9日に
ネットラジオ『かふぇ・らじ』にて
パレードのアナウンスが放送されました☆

次回は10月16日(月)の22時30分ごろに再放送の予定です!

司会の黒柳さんとのインタビュー形式で
共同代表の中村と岡がお話をさせていただきました。

インフォメーションとパレードへの思いなどをしゃべってます。

よろしければどうぞお聞きくださいませ〜。

ゲイとレズビアンのラジオ『かふぇ・らじ』
http://n-radio.radilog.net/

カテゴリ:メディア | 14:36 | - | trackbacks(0)
朝日新聞(web版)掲載!
12日に大阪府庁記者クラブにて、事前の記者会見をしました。

すると早速、

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200610120046.html

性的少数者らが御堂筋でパレードを開催へ 大阪
2006年10月12日

 同性愛や性同一性障害など性的少数者とその支援者が22日、性の多様性を認め合う社会の実現を訴える「関西レインボーパレード2006」を大阪市の御堂筋で開く。関西では初の開催で、約600人が中之島公園から難波まで、約1時間半かけてパレードする。

 実行委員会事務局長の尾辻かな子・大阪府議は「性的少数者はテレビの中にしかいないと思われている。地域で共に暮らしている姿を見てもらうことが、多様な社会を考えるきっかけになればいい」と話す。

-----------------------------

朝日新聞さんが告知記事を書いて下さいました。
本当にありがとうございます!

このような報道が、孤独と自己否定に悩んでいる当事者に届きますように。

1人じゃないから。
仲間がいるから。
恐れなくていいから。

一緒に歩くのは躊躇するということであれば、ぜひ歩道から歩いている私たちを見に来てください。

パレードまで、あと9日。
カテゴリ:メディア | 00:48 | - | trackbacks(1)
| 1/2PAGES | >>