<< 大阪府知事、大阪市長よりメッセージが来ました! | main | 掲載されました!大阪日日新聞 >>
「ダブルに男性同士」宿泊拒否ダメ 大阪市、ホテル指導
■朝日新聞より

「ダブルに男性同士」宿泊拒否ダメ 大阪市、ホテル指導
http://www.asahi.com/national/update/1018/OSK200610180030.html

2006年10月18日15時23分
 ダブルの部屋に男性2人で宿泊するのを拒否したのは旅館業法(宿泊させる義務)違反にあたるとして、大阪市保健所が同市内のホテルに対し、営業改善を指導していたことが18日、わかった。宿泊を拒まれたのは22日に同市の御堂筋で開かれる同性愛など性的少数者らによる「関西レインボーパレード2006」に参加予定だった東京都内の教員の男性(26)で、「イベント開催地での宿泊拒否は納得いかない」と話している。

 男性らの話によると、16日にインターネットの宿泊予約サイトを通じ、ホテルのダブルの部屋に、21日から1泊の予定で予約を入れた。しかし同日夜、ホテル側は「男性同士でダブルは利用できない」と電話で宿泊を拒否。17日、ホテルに再度連絡したが、同様に断られたため、保健所に通知したという。

 旅館業法などでは、宿泊業者が客を拒否できるのは、感染症の患者や賭博などの行為をする恐れがある場合などに限られている。ホテル側は「お客様が間違って予約されたものと判断し、ツイン部屋の利用を勧めただけだ。男性同士だから拒否したわけではない」と話している。

■NHK関西ニュースより

男性同士の宿泊拒否に改善命令
ホテルのダブルの部屋に男性同士が2人で宿泊するのを断ったのは、旅館業法に違反するとして、大阪市内のホテルが保健所から改善を指導されました。

行政指導を受けたのは、大阪・北区にあるビジネスホテルです。今月22日に大阪市内で開かれる同性愛の人などのパレードに参加するため、東京都内の26歳の男性がパートナーの男性と2人で宿泊しようとインターネットでダブルの部屋を予約したところ、ホテル側から電話があり、「男性同士のダブルの予約は受け付けていない」と宿泊を断られました。

その後もう1度電話でダブルの部屋の予約を交渉しましたが、同じように断られたということです。男性から指摘を受けた大阪市保健所は、宿泊を断ることができる例外的なケースにあたらず、旅館業法に違反するとして、このホテルに対し、業務の改善を指導しました。

宿泊を拒否された男性は「男女のカップルなら拒否されないのに、男性同士はダメというのは同性愛者への差別や偏見を感じ、非常に不快だった」と話しています。

ホテルの支配人は「体の大きい男性同士でダブルベッドを利用すると狭いと考えてツインへの変更を勧めていましたが、担当者の不手際でご迷惑をおかけしたことを反省しています。今後は男性同士のダブルの予約も受け付けます」と話しています。

宿泊予約を断られた男性が参加を予定している「関西レインボーパレード2006」の実行委員会の事務局長で、大阪府議会議員の尾辻かな子さんは、「同性愛者に対するホテルの宿泊拒否はこれまでにもあり、氷山の一角が表に出たという気持ちだ。大阪市がすぐに是正を指導したことは評価できるので、ホテル関係者は今後、こういうことのないように気を付けてもらいたい」と話しています。

--------------------

この週末の宿泊等で、上記のような事象がありましたら、実行委員会にご相談下さい。できる限り対処致します。
カテゴリ:メディア | 01:25 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.kansaiparade.org/trackback/196737
トラックバック