<< 「ダブルに男性同士」宿泊拒否ダメ 大阪市、ホテル指導 | main | 当日の降水確率、20%! >>
掲載されました!大阪日日新聞
10月19日朝刊より

共生社会の実現へ
22日、御堂筋 性的少数者がパレード

同性愛、性同一性障害など性的少数者らによる「関西レインボーパレード」(同実行委員会主催)が二十二日、大阪・御堂筋で開かれる。海外や東京、札幌などで同様の趣旨のパレードは実施されているが、大阪では初の開催となる。

 性的少数者のシンボルとなる六色の虹を掲げ、多様性を尊重する共生社会の実現を目指す。午後一時から中之島公園で開会式を行い、太田房江知事のメッセージも読み上げられる予定。パレードは午後二時に始まり、難波まで行進する。

実行委の事務局長を務める大阪府議の尾辻かな子さんは「(性的少数者は)みんな孤独と自己否定を抱えている。パレードをすることによって、自分の存在が一人でないことを知るきっかけになる」と話している。
 パレードに関するホームページのアドレスは次の通り。
http://www.kansaiparade.org/
カテゴリ:メディア | 17:08 | - | trackbacks(1)
この記事のトラックバックURL
http://blog.kansaiparade.org/trackback/197185
トラックバック
相沢咲姫楽(さきら)ちゃんの経歴
日本テレビのDRAMA COMPLEX「私が私であるために」で、性同一性障害に悩む主人公・ひかるを相沢咲姫楽(さきら)嬢が好演して、今話題。 困難を経て家族とのきずなを取り戻し、自分らしく生きていく姿を描いたもの。 脚本は川嶋澄乃、上川伸廣。 相沢咲姫楽嬢
| 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ? | 2006/10/20 9:26 AM |