<< レインボーパレードケーキ | main | クロージング >>
テレビニュース
毎日放送、関西テレビでニュースになりました!

毎日放送 動画付きです!
http://www.mbs.jp/news/kansai_NS179200610221644370.shtml

■“性的マイノリティー”がパレード

同性愛や性同一性障害など性的マイノリティーの人たちが、大阪の御堂筋をパレードし、多様性を認め合う社会の実現を呼びかけました。

大阪の中之島に集まったのはレズビアンやゲイ、性同一性障害など、性的マイノリティーと呼ばれる人たちと、その支援者、およそ900人です。

性的マイノリティーは、10人から20人に1人存在すると推定されていますが、社会には今も多くの偏見があり、なかなか声をあげられないのが実情です。

今回のパレードは、性的マイノリティーが自らの存在をアピールすることで、差別や偏見をなくし、多様性を認め合う社会の実現を目指そうというもので、関西では初めての開催です。

「一般の人にも、私たち(性的マイノリティー)が身近にいるということを伝えたいと思って、(パレードを)企画しました」(参加者)

参加者たちは、性に関係なく、誰もがひとりの人間として尊重される社会の実現を訴えていました。 (10/22 17:45)



関西テレビ 写真つき
http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0241719

性的マイノリティに理解をー関西レインボーパレード2006

同性愛や性同一性障害など性的マイノリティに理解を求めるレインボーパレードが大阪の御堂筋で開かれました。大阪の御堂筋には性的少数者や支援者など約900人が集まり、多様な性の象徴である虹色の風船を手に行進しました。このパレードは同性愛や性同一性障害などの性的マイノリティを認め合う社会にしようと各地で行われているもので、大阪での開催は今回がはじめてです。パレードには去年、同性愛者であることを公表した大阪府義も参加し、「みんなで見える存在になって歩くことで、実は地域で共に暮らしてるんだということが伝わればいいと思う」と話していました。思い思いの衣装に身を包んだ参加者たちは、多様な性への理解を呼びかけていました。( 2006/10/22 18:16 更新)



カテゴリ:メディア | 01:53 | - | trackbacks(1)
この記事のトラックバックURL
http://blog.kansaiparade.org/trackback/201210
トラックバック
関西レインボーパレード誕生記014●大成功!約900人が御堂筋を行進
 第一回の「関西レインボーパレード」は事故もなく無事に終了!。参加者はなんと約900人。沿道からパレードを見守っていた人達もたくさんいましたし、大阪のメインストリートを通る多くの人々が立ち止まって眺めていました。汗
| フツーに生きてるGAYの日常 | 2006/10/23 8:52 AM |